決済や資金調達が手軽に|業務効率化を図るならワークフローの導入を|コスパの良い製品を選ぶ

業務効率化を図るならワークフローの導入を|コスパの良い製品を選ぶ

女性

決済や資金調達が手軽に

システム

決済を手軽にした金融革命

最近では店で商品を購入する際にもスマートフォンを使ってカード決済を行うケースが増えてきました。個人間や企業間で送金手続きを行う場合でも従来の銀行振込等では手数料が発生していましたが、現在ではアプリを使った無料送金も可能です。金融機関が取引に介在することで発生していた手数料が、そうした決済では無料になるというメリットが生まれています。このような形での金融取引やサービスはフィンテックと呼ばれており、金融のさまざまな分野に革命を引き起こしています。スマートフォンによる手軽な決済や送金サービスはその代表的な例ですが、フィンテックには他にもいろいろなサービス形態が存在します。いずれもインターネットの普及を背景としたICT技術の進歩と金融サービスが結びつくことで実現されており、大手IT企業主導で開発が進められてきました。このようなフィンテックのサービスは企業の間でも注目を集めており、スマートフォンによる決済や送金はすでに多くの企業で利用されています。店舗や通販を運営する企業の側でもフィンテックに対応したシステム変革に迫られており、顧客の利便性を向上させるためにも導入の動きが拡大しているのです。

資金調達や運用にも活用

このようなフィンテックは決済や送金システムばかりでなく、資金調達や資金運用といった方面でも利用されています。運用面では人工知能を有効活用したクラウド型の資金運用システムも登場しており、従来の証券会社等を介した運用より低い手数料が実現されているのです。中小企業が銀行から資金の融資を受けるには厳しい審査が避けられず、融資を断られて経営難に陥るケースも少なくありません。そのような企業でもインターネットを通じて個人から出資を募る方式を利用すれば、より柔軟な資金調達が可能となります。こうすることで資金調達のスピードも早くなるばかりでなく、起業直後で銀行の信用が得にくいケースでも戦略的な事業展開へと結び付けられるのです。多くの可能性を秘めるフィンテックをいち早く導入する場合は、自社の経営事情に合わせたサービスを利用することで経営目標達成に役立てることができます。資金調達から決済や送金まで、すべての金融サービスをフィンテックで賄うことも決して不可能ではなくなってきているのです。経営合理化の手法としても注目されるフィンテックの多様な金融サービスは、既成概念に縛られない企業の間で人気が高まっています。