業務効率化を図るならワークフローの導入を|コスパの良い製品を選ぶ

紳士

決済や資金調達が手軽に

システム

スマートフォンを使った手軽なカード決済や送金手続きにより、金融サービスにも大きな変革の波が及んでいます。ICTテクノロジーを活用した新しい金融サービスはフィンテックと呼ばれており、企業の間でも普及しつつあるのです。資金調達や資金運用支援にも活用されているフィンテックの人気が企業間で高まっています。

詳細

リスクを減らせます

通話

少人数で会社を運営している場合、社員全員が外に出てしまい電話に出られないという悩みを持つ方が多くいます。そんな方は、電話代行業者を検討してみてはいかがでしょうか。訓練された電話対応のプロが、クオリティーの高い対応をしてくれる為にチャンスを逃す事がありません。

詳細

決裁業務効率化

レディー

業務の流れの電子化

公共団体や民間企業など、多くの人で構成される組織として意思決定を行う場合、組織管理職や経営者による決裁を行うことが一般的です。また多くの組織では決定事項の規模の大きさによって承認者や承認の順番が決まっていることが多く、この流れをワークフローと呼びます。そして昨今は決裁文書を電子化して、情報システム内でワークフローを進める仕組みを取り入れている組織が多くなっています。この電子決裁を実現するための情報システムとして、ワークフローシステムの人気が高いです。ワークフローシステムは一般的に導入され始めてから十数年を経過した結果、過去のナレッジが実装機能に反映されてきました。そのため最近の製品は、使い勝手やカスタマイズの柔軟性が大幅に向上しているのが特徴です。

電子決裁導入の留意点

ワークフローシステムはいまや多くの製品がソフトウェア会社から提供されており、人気が高い製品も複数存在します。そのため導入しようとしている組織にあった特徴を持った製品を選定する必要があります。現行業務の分析結果と製品の機能仕様とを比較し、適合率が高い製品を選ぶと良い結果を生むことができます。一方、製品によって課金体系が異なる場合も多く、導入する組織でのワークフローシステムの利用規模を把握して、導入コストの試算を行うことが肝要です。また最近は、ワークフローシステムを、インターネットを介してサービス利用型で提供する会社も増えており、利用規模によっては大きなコストメリットを見出せる場合があります。自組織での利用想定を踏まえて、サービス型での導入も検討視野に入れるとよいでしょう。